スポンサーリンク


★オススメ記事
これさえ読めば人生勝ったも同然!100回繰り返して読むに足る「至高本」
【決定版】手順通りに書くだけで達成率が大幅アップする目標の立て方
自己啓発アンチたちへ

☆人気記事
最強自重トレーニング・BIG6「囚人コンディショニング」
大塚国際美術館に行ってきた
中村天風「クンバハカ」のコツ

squat

お久しぶりです!

私はブログを夕方か深夜に書くことが多いのですが、
最近はダイエットに張り切っていまして、その時間は運動するか、爆睡するかしていたので
結果としてブログを長いこと放置していましたね。。。

一日数百グラムのペースで確実に痩せてきていて、結果として1ヶ月で2㎏減量しました。
目標はトータルで8㎏痩せることなので、あと6㎏の減量を目指して頑張ります!


ただ、「動いて痩せる」戦略は「食事を制限・工夫して痩せる」戦略に較べれば成果が出るスピードが遅いのが欠点でしてね。
逆に言えば、だからこそ「戻るのも遅い」、つまりはリバウンドもしにくいというメリットでもあるのですが、
「もっと効率的に脂肪を燃やせないかなぁ」
とあれこれ調べていたら、いいトレーニングメニューを発見しましたよ。



私の大好きなティム・フェリスが考案した(らしい)トレーニング。


4つの運動から成り立っていて、段階的にキツさを増していきます。

1番目の運動はランジと体幹トレーニングを混ぜたような種目ですね。
これは本当に楽勝。
準備運動がてら気軽に取り組めますね。
ただそれでも、終わる頃には結構身体が温まってるので、
やはり脚の筋肉を稼働することが脂肪燃焼のキーポイントなのです。

2番目の運動も、まだまだ準備運動段階ですね。
手足を動かすことで末端から脂肪を燃やす効果があるのかな?
現時点では、少なくとも私にとっては、
あまりこの種目のありがたさが分からないのが正直なところ。。。

そして3番目、私が好んで行う筋トレ種目であるピストルスクワットです。
ここから本格的にキツくなってきます。
動画では「左右5回ずつ」と説明されていますが、
私はすでにそんなもんでは物足りなくなっている身なので(囚人コンディショニングにおけるスクワットレベルは11以上)
「左右最低20回ずつ」こなすようにしています。


ラストの種目は、バーピーという種目ですね。
これは腕立て伏せとジャンプスクワットを組み合わせた種目でして、

 ・上半身の筋肉を鍛える
 ・下半身の筋肉を鍛える
 ・有酸素運動も兼ねる


という総合トレーニング種目となっています。
イメージでは「腕立てがきついかな」と思っていましたが、
実際にやってみると、むしろジャンプの方がキツイ!!

まぁランジやスクワットの直後だから、よくよく考えれば辛くて当然ですがね。
脚を酷使してきた後での追い込みなのだから。

私は現在バーピーを20回やるようにしていますが、
最初の10回くらいは結構カンタンにこなせますが、13回目くらいから息が上がり始めてきて、
20回終える頃にはかなりゼーハー息をしています。


こんなキツイ種目とは思わんかったよ。。。


だけど、脂肪燃焼効果は案の定抜群でしたね。
この4種目のメニューをやる前とやった後では、体重が400gも軽くなっていましたし。
ま、それはたまたまなのかもしれないけれど、
それでもやってみた感想としては
「こんだけしんどい運動してりゃ、そりゃぁ痩せるでしょ!」
と確信が持てる運動ですね。


とりあえず今の目標は

 ① あと6㎏の減量
 ② バーピーが連続で50回こなせるようになること



です!
ダイエットの秋、燃えてきました!!

それでは、また!