スポンサーリンク


★オススメ記事
これさえ読めば人生勝ったも同然!100回繰り返して読むに足る「至高本」
【決定版】手順通りに書くだけで達成率が大幅アップする目標の立て方
自己啓発アンチたちへ

☆人気記事
最強自重トレーニング・BIG6「囚人コンディショニング」
大塚国際美術館に行ってきた
中村天風「クンバハカ」のコツ

2014-09-06-02-21-59

私は4日に一回くらいのペースで自重の筋肉トレーニングをしています。

●上半身
 ・アーチャープルアップ
 ・片手懸垂(レベル7
 ・ブルガリアンアンイーブンディップス
 ・ドラゴンフラッグ

●下半身
 ・ピストルスクワット
 ・レビテーションスクワット
 ・片脚バーピー
 ・体幹トレーニング

というメニューをこなしています。
上半身が4日に一回、下半身が2〜3日に一回、というペースですね。


自重トレーニングは極めた。そう自惚れていた時期がありました。

自分で言うなって感じだけど、アーチャープルアップにしてもドラゴンフラッグにしても、
ハイレベルな自重トレーニングなので
「私ってなかなかのもんじゃない?」
なんて思ってました。

だけど、世の中には

●体を浮かせた状態で、地面と平行して行う超人のための腕立て伏せ「プランシェ」

●ディップスと懸垂の複合種目「マッスルアップ」

●人間鯉のぼり「ヒューマンフラッグ」

といった、ものすごいトレーニングがあるわけで。
こういう種目の存在を知ると「私もまだまだだなぁ」とつくづく思います。

強くなりたいのであって、パフォーマンスには興味がない

でも、じゃあ、私がこういう種目ができるようになりたいか?といえば
「いや、別に。。。」
というのが現在のスタンス。

何でかっていうと、私から見て、
プランシェにせよ、マッスルアップにせよ、ヒューマンフラッグにせよ、
「強くなるためのトレーニング」というよりも
「人に見せつけるパフォーマンス」という印象
が強いんだ。

そもそも私は何のために筋トレしているかといえば
「健康のための習慣」
「強くなるため」
だ。

マッチョを目指しているわけでもなければ、筋肉芸人を目指しているわけでもありません。
人に見せびらかすためにトレーニングしているわけではないので、上述のパフォーマンス種目には食指が動きませんね。


「そもそも?」は初心を思い出せる魔法の言葉

筋トレに限らず、私が人生を通じて気をつけていることに
「他人の笛で踊らない」
ということがあります。

例えば私が懸垂で筋トレしている時に、上の動画のようにマッスルアップをガンガンやっている人を見て
「自分だって!」と煽られるのが「他人の笛で踊らされてる」状態。

別の例でいえば、会社経営をしていたとして、
社長の中には
「俺はこれだけ銀行から借入している、つまりそれだけ信用があるってことだ!」
「私は◯百人の従業員を雇用している。つまりそれだけリーダーとして器があるということであり、世の中に貢献しているということだ!」
ということを自慢してる人がいます。
そうすると、それに影響を受けて
「よし、自分も!」
とフラフラ浮気してしまうのが「他人の笛で踊らされてる」ということ。


でも、自分にとって大事な目標を、他人がどうこう言おうと、マスコミが何と煽ろうと、
着実に近づいて達成していくことの方が、私は大事だと思う。

人生は、競争ではなく、マラソン
と捉えています。

もっと言うなら、
人生は、作品であり、物語
なので、他人と比べてどうこうしても仕方ないと思う。


だけど世の中には「笛で踊らせる」ような洗脳装置で溢れているので、
いつの間にか、気がつかないうちに他人の笛で踊ってることもありがち。
なので時折、
「そもそも、何のためにやってるんだっけ?」
と自分に問いかけるのはとっても大事です。

そうすると、魔法のように初心を思い返せますからね。
筋トレで言えば、
「昨日より今日、ちょっとでもいいから強くなる。そのプロセスが嬉しい」
というのが私のスタンスであり初心。

人から見てどうか、世間的にどれだけの水準かなんてどうでもいい。
己が道を邁進し続けます。



※ オンライン・フィットネス動画アカデミー のように、動画を観ながらフィットネスするのはとってもオススメ!
私も動画を観ながら懸垂やドラゴンフラッグをマスターしましたし。

※ より本格的に鍛えたい方はジムに行くのがいいでしょう。
ゴールドジムは最大手のジムで、本格的に鍛えられると思います。

※ こういうジムもあります。六本木にある高級会員制ジムなので、芸能人とか社長とかが多そう。↓↓
医師・管理栄養士・スポーツトレーナーがあなたの健康をサポート【DATA FITNESS】