スポンサーリンク


★オススメ記事
これさえ読めば人生勝ったも同然!100回繰り返して読むに足る「至高本」
【決定版】手順通りに書くだけで達成率が大幅アップする目標の立て方
自己啓発アンチたちへ

☆人気記事
最強自重トレーニング・BIG6「囚人コンディショニング」
大塚国際美術館に行ってきた
中村天風「クンバハカ」のコツ

IMG_0492

筋トレについてあれこれ記事を書いている私ですが、
普段はジャージか作務衣で過ごすことが大半の求道者な私ですが、
「爽やかですね」「スポーツは何が好きなの?」と聞かれることも多い私ですが、
小さい頃からスポーツは見るのもやるのも大嫌いです。 

オリンピックや甲子園、ワールドカップの時期になると、天気ネタのごとくにこういった話を振られますが、
「うるせーよ、見てねーよ、んなもん」
って感じで、毎度毎度ウザい思いをしとります。



体育の授業って必要かね?

何で私がスポーツ大嫌いになったのかは単純な理由だ。
スポーツが苦手だから。
もっと言うなら、体育の授業のせいだ。

今時の体育の授業ってどんな感じなのかわからんけど、
私の小中高の体育って、
ドッジボールなり、サッカーなりを授業でやらせるんだけど、

「はーい、チーム組んでー。」
「んじゃ、試合してー。」

という感じの、教師の存在が果たして必要なのかどうか甚だ疑問なスタイルでした。

あれ?「体育」だよね?「スポーツ」じゃないよね?
もっとこう、ストレッチだとか怪我のリスクだとか、
そういう日常に役に立ちそうなことを教えてくれないんかね。
せっかくの授業なんだし。

なのに指導らしいこともせず、適当に球遊びさせとくだけって、何よその時間は?
無駄じゃない??


「スポーツは楽しい」「スポーツさせときゃ子供は喜ぶ」「サッカーや野球は当然皆知ってるよね」という前提がおかしいぞ

私が文句言いたいのはこの前提。
体育教師って、スポーツが好きな人だったり、人並み以上に得意だったり、学生時代に部活を頑張ったりした人がなっているのでしょう。多分。
だからなのか分からんけど、
「みんな、スポーツって楽しいよな!!」
っていう押し付け感をいっつも感じとりました。

ごめんよ兄ちゃん。
私みたいな運動音痴からすれば、退屈をはるか通り越して苦痛の時間なんですわ。
「いかに自分は鈍臭いか」をクラスの人間に晒し者にされるんだから、
もう拷問に等しい。

だったら数学の勉強でもしてた方がマシだし、
もっと言うなら図書館で本でも読んでたいし、
さらに注文つけると、学校大嫌いだったからさっさと帰らせてくれ。


体育教師って教えるってことしないよな

一番批判したいのはまさにこれ。
少なくとも私は、体育教師から
 「ボールの投げ方」
 「正しい走り方」
 「サッカーや野球などの各種競技の、正確なルール」
などを一切教わったことがありません。

だから私がボールを投げれば周りの生徒は
「何その投げ方(笑)ダッサ!」
と笑われたし、
走っても同様に笑われましたね。
んで、言われてすぐ改善できるような運動神経は持ち合わせてないので、何度やってもゲラゲラ笑われるので、だんだん(もともと希薄な)やる気がなくなっていくと。

そして当の体育教師は、周りの生徒と一緒にゲラゲラ笑ってるか
「何べん同じことやってんじゃ、鈍臭いやつ」
って感じで、不機嫌になってましたね。


そんで、野球やサッカーの正確なルールなんぞ知ったこっちゃないのに
「先生、ルール知らないです」
と申し出ても、当然のように

「知っとるやつに聞け」

ですからね。





 


お前、教師やろが。
教えるってことをしてないやんけ。
責任を投げとるやんけ。
職務放棄とちゃうんかい??

って感じで、歳を重ねるごとに、体育や、体育教師への嫌悪は募っていって、
だんだん態度に出ていたのでしょうね。
別に不良でもなんでもなかったし、素行もいい方だった(と思う)のだけど、
やたらと体育教師から目の敵にされてましたね。


スポーツがやたら神聖視されてる世の中に吐き気がします

冒頭でも書いたように、ワールドカップだとか甲子園とかオリンピックとかの時期には、
普段別にサッカーとか見ないくせにワールドカップの時だけやたら盛り上がるバカがどこからかウヨウヨと湧いてくるせいもあって、
 「ワールドカップ、一切見てません」
 「クリロナ?本田圭佑?誰それ(笑)」
なんて言おうものなら、
宇宙人を見るような目で見られるか、非国民扱いをされること請け合い。

世界中でこんなにスポーツが神聖視されてるのって、間違いなく学校教育のカリキュラムに組み込まれてるからでしょう。
つまり、世界中の人間が「スポーツ脳」に洗脳教育を受けておるわけです。

あぁ、クソウザい。。。


あのね。いいんですよ、別に。好きな人は好きで。
で、嫌いな人や苦手な人を
「そんな人もいるよね」
と放っておいてくれるんならいいです。

だけど、世界中が
 「スポーツって楽しい」教
 「スポーツは素晴らしい」教
に洗脳されてるからか、嫌いな人や興味のない人も引きずり込もうとし、
それに抗う私のような人間を異端扱いするの、やめてもらえんかね?


「人ぞれぞれ」がなぜか通用しない不思議なトピック、スポーツ

いい年してAKBやももクロ(ちなみに私はももクロが好きです。)などのアイドルを追っかけてるおっさん・お兄さんを「キモい」という人がいます。

いい年してジャニーズなどの男性アイドルを追っかけてるおばさん・お姉さんを「イタい」という人がいます。

だけど、私からすれば、いい年こいた大人が、
地縁も血縁も何もない赤の他人の球遊びを見てワーワー盛り上がってるのが、
奇妙奇天烈でしかない。

これが「神聖視」でなくて何だというのか。
全盛期のキリスト教のごとくに全世界へ布教(洗脳)されてるとしか思えん。


いや。球遊びをやってる人はいいんですよ。
好きでやってるんだろうなぁって思いますし。

だけど、見て楽しむってのがわからん。
そしてそれを楽しめない私のような人間を叩くのもわからん。


大人になると「仕事ができる男がモテる」、子供の頃は「スポーツのできる男がモテる」

ちょっと話変わりますけど、仕事のできる男の人ってモテますよね?
あれって、小中高の頃、スポーツが得意だった男子がヒーローだったのに似てるなぁと思うんです。

なんでかというと、
具体的な「凄さ」が見えやすいから
じゃないかと思うんです。

勉強の場合、点数という「結果」しかわからないから、「過程」や「姿」が見えないでしょ?
でも、スポーツや仕事は
 ・結果を出すまでの「過程(努力)」
 ・その時の「姿」
 ・出した「結果」
の全てが見える。

だから凄さがわかりやすく、
「あの人、カッコイイ♡」
ってなるんだと思うんです。


でもでも、世の中の大半のことって、
そのことの何がどうすごいのかっていうのが、わかりにくいものです。

ロマネコンティなどの高級ワインだって、ワインに全然詳しくない人からすれば
「安物ワインと何がどう違うのか」
「どこがどう美味いのか」
「そもそも美味いと思えんぞ」
ってなるものでしょ?

絵画などでも、ピカソのゲルニカのどこがどう凄いのか、詳しくない人にはさっぱりわからず
「落書きにしか見えん!」
ってなるでしょう。

つまり、そのものの凄さを理解し体感し、感動するためには
文化資本
が必要なんですよ。
それはつまり教養だったり、教育だったりとかするわけだけどね。


でもスポーツや仕事は、文化資本なんてややこしいものがなくても感動できる。
要は「バカでも凄さが見えやすいし分かりやすい」ってことね。
だからそれに秀でた人は簡単に多くの人のヒーローになれるんだろうなと私は考えます。


人にはそれぞれ好みや得手不得手がある

そんだけの話。
だから嫌いな人間や苦手な人間もいるんだってことだし、それをわざわざ引きずり出して攻撃しないでほしいよ。
「人それぞれだよね」
で済む話ですし。

てか、済ませて。


えーと、別に結論とか提案とかは特にないです。
鬱憤を晴らすがごとく、長々と書いちゃいました。
こんなわけで、私はこれからもずっとスポーツは嫌いでございます。

文句あっか、このヤロー!!


そんじゃね。