スポンサーリンク





★オススメ記事
これさえ読めば人生勝ったも同然!100回繰り返して読むに足る「至高本」
【決定版】手順通りに書くだけで達成率が大幅アップする目標の立て方
値段の10倍以上の価値がある「オススメ高額本(2500円〜3万円)」を読んでブッチギリで差をつける!

☆人気記事
最強自重トレーニング・BIG6「囚人コンディショニング」
大塚国際美術館に行ってきた
中村天風「クンバハカ」のコツ

IMG_1756

どうも!聖ちゃんです。

みなさん、花見はもう行きました?

 

今年の桜って、「ようやく咲いた!」

と思ったら数日雨が降ったせいで大分散ってしまうという最悪の出足でしたが、
咲いてるところにはまだまだ咲いているものです。

 

基本的に「穴場」が好きな私だけど、背割堤の桜は素晴らしかった。

人間嫌いで、当然人混みが嫌いな私は、メジャーな場所よりは穴場な場所の方がいいのですが、
それでもたまには有名どころの豪華な桜を見てみたい!


だけど京都市内じゃなくて、それ以外の宇治とか八幡なら穴場感あるんじゃね?!

と思い、今年の花見スポットは背割堤をチョイス♪

 

背割堤とは?


IMG_1741

正式名称は「淀川河川公園背割堤地区」と言います。

木津川と宇治川、淀川の三本の川の交差点にある、約1.4㎞の長さの堤防です。

駐車場も完備されていますし、石畳で舗装されていて、所々にベンチがあるので桜の時期以外でも憩いの場として機能します。

 

というか私、割と普段からサイクリングで背割堤に来ることが多く、よく休憩したりしてますからね。

桜の時期に来るのは今回が初めて。

 

アクセス

●京都府八幡市八幡在応寺地先

●京阪八幡市駅から徒歩10〜20分

 

「さくらであい館」は閉まってた。。。


IMG_1742

さくらであい館」は2017年3月25日にオープンしたばかりの施設です。

ただ、オープン時間が9時〜17時で、私は夕方に行ったので、

IMG_1766

到着した頃にはすでに閉まっとりました。。。

IMG_1764
 

あ〜、タワーから桜を観てみたかった!!

 

 

堤防の舗装された石畳を歩きながら、約250もの本数を誇る桜のトンネルを歩く。


IMG_1743

ではでは、1.4㎞の道のりをレッツラゴー!!

IMG_1762

IMG_1763

IMG_1744

桜のシャワーです。

IMG_1745

IMG_1746

(あ、指写っちゃった。。。)

IMG_1747

桜のトンネルを見上げると、一面が桜!!
これが大好きなんですよね、私。

IMG_1748

IMG_1749

桜の接写なり。

IMG_1750

石畳の上の桜のトンネルを散歩する。
贅沢な時間の過ごし方です。

IMG_1751

IMG_1752

▲こんな感じで、木の一本一本に数字がふってあるのですが、全部で約250本もの本数を誇ります。

IMG_1753

夕日に輝く桜は美しかった。。。

IMG_1754

堤防の終点(それとも始点かな?)です。階段になっているので憩いの場にもなります。

IMG_1755

堤防の周りも、自転車で一周できる感じになってます。

IMG_1756

ジョギングや散歩にもグッドです。

IMG_1757

IMG_1758

IMG_1759

IMG_1760

犬の散歩をしてる人も多かったです。

IMG_1761

人懐こくて可愛かったです。


まとめ:みんなが行くような花見スポットとは、ちょっと違う場所を求める人にはオススメ

京都市よりも南にある、八幡市にあることもあって、ややアクセスは悪いです。

が、だからこそ穴場感が強いので、私のように

「みんなと一緒、なんてやだ!!」

というあまのじゃくな方にはオススメのスポットです。

 

何より!石畳の歩きながら1.4㎞の桜のトンネルを潜るのは圧巻ですよ!!