聖なる強化書

グータラ求道ブロガー・聖ちゃんによる「強くなりたい」に応える求道ブログ。 自重の筋トレを極めんとしてるマイスターだけど、スポーツ全般見るのもやるのも大嫌いな「アンチスポーツの急先鋒」です。あぁ!東京オリンピック中止にならんかなぁ〜!!

カテゴリ:聖さんの成功法則 > 気付き帳

スポンサーリンク


★オススメ記事
これさえ読めば人生勝ったも同然!100回繰り返して読むに足る「至高本」
【決定版】手順通りに書くだけで達成率が大幅アップする目標の立て方
値段の10倍以上の価値がある「オススメ高額本(2500円〜3万円)」を読んでブッチギリで差をつける!

☆人気記事
最強自重トレーニング・BIG6「囚人コンディショニング」
大塚国際美術館に行ってきた
中村天風「クンバハカ」のコツ

IMG_0389

突然ですが「EQ」 って単語知ってます?
IQと並べて語られることが多い単語ですが、私は最近になってようやく
「あぁ、EQって要するにこういうことか!」
と悟ったので、記事にまとめてみますね。

スポンサーリンク

EQの定義

そもそもEQとは
情動の知能指数。いわゆる「頭のよさ」を指し示すIQ(知能指数)に比した概念。IQがおもに「知能」の発達速度を示すのに対して、EQは仕事への取り組み姿勢や人間関係への関心の度合いなどを感情という視点から測定する指数。社会的に成功する者の多くは、情動を調整する能力に長けているとされるが、EQでは問題処理能力や事務処理能力に加え、環境に適応する能力や仕事に対するモチベーションコントロールする力など、知能を多面的にとらえたより実質的な判断基準として、企業の採用や人材育成などの判断材料となっている。

-コトバンク(
https://kotobank.jp/word/EQ-621 より
とのこと。
言い出した人間は誰なのかは定かではありませんが(調べてみると色々な名前が出てくるので)、
ダニエル・ゴールマンが「EQ こころの知能指数」という、そのものズバリなタイトルの書籍を発行し、ベストセラーとなったことで一気に一般化した概念です。


でもね。この説明を読んだり、EQと名のつく書籍や文章を色々読んだりしても、
正直ピンとこなかったんだ。

「IQは左脳で、EQは右脳のことか?」
「IQはロジックで線形的、EQは非ロジックで非線形??」

的な、概念的な、ぼんやりした理解しかできなかったからね。

EQの本質

ですが、最近直観的に、「あ!EQって要するにそういうことなのか!!」
と悟った瞬間が訪れました。

もったいづけずにバシッと言いますね。

EQとは

『その対象(自分、お金、仕事、他人、健康、数字、勉強・・・)と仲良くなって、
うまく付き合うこと』 

です。

全てのものにはIQ的側面とEQ的側面がある

お金であれ、健康であれ、人間関係であれ、仕事であれ、スポーツであれ、学問であれ、
全ての物事にはIQ的な側面とEQ的な側面の両方があります。

IQ的側面とは、

●ノウハウ、テクニック、知識、手順、方法

であり、我々が普段ビジネス書とかライフハック系の文章とかで読むような、
箇条書きやステップ方式で記述されるものです。
「形式知」と言ってもいいでしょう。

ただね。
「その通りだと思うけど、それができないんだよ!!」
って思ったことありませんか??

・いじめられたら、やり返せばいい
・痩せたいなら、運動すればいい
・笑顔で挨拶するのが大事
・常にポジティブに
・ベストを尽くせ

って感じで、言われてもすぐにやれない、できない「何か」があるでしょ?
その「何か」が私はEQだと思っていて、そしてその本質は先にも言ったように、

「その対象と仲良くなって、うまく付き合うこと」

なのです。

物事との関係には3種類ある

自分との関係、他者との関係、お金との関係、仕事との関係、時間との関係、趣味との関係…
そういったものとの関係には

●主人
●奴隷
●友人


の3種類があります。

●主人とは、その対象を支配している関係です。
その対象を理解し、コントロールしているのだけれど、
仲が良いわけではないので、目を離すと裏切られたりすることもある、って感じ。

●奴隷とは、その対象に振り回されている関係です。
例えばお金の奴隷の人は、お金が欲しい欲しいと悩み努力しているのに、一向に稼げず、貯まらず、借金したり督促されたりして、人生の大部分をお金の心配や悩み、問題に突き回されるって感じ。

●そして友人とは、その対象と対等の関係を持ち、仲良くなってる関係です。
「理を掴む」というか、愛着でつながっているので、インスピレーションが降ってきたりして、
特別努力しなくても、スムーズに物事が進むって感じ。
この関係が築けている人間の特徴は「素直」。ノウハウを学んだら即実践し、あっという間に吸収してしまう。


「主人」と「友人」の違いは、愛着の有無や理合の把握もそうですが、

・特別に勉強したり観察したり努力したりしないと、コントロールできないのが「主人」
・離れたり遊んだりしていても、心の深いところで愛着や理合でつながっているので、ヒントやインスピレーション、運や縁が「向こうから」降ってくるのが「友人」

って感じ。

EQを高める第一歩

じゃあどうすれば、「奴隷」でもなく「主人」でもなく「友人」となれるのか?

その基本にして奥義にして第一歩は
その対象と向き合うこと
です。

例えば私は、健康に関して言えば明らかに「友人」だと思う。
なぜかと言えば

・達成しようと思った目標はほぼ達成している
・「身体の声」が聴ける

から。
ではなぜそういう関係を構築できたかと言えば、

「健康」や「肉体」といったトピックに向き合う時間、頻度、熱量を高め続けたから
に他なりません。

要は好きだし、興味があるからなんですよね。
だから嫌いなことや苦手なことだと、「友人」になるのは正直とても大変。

なのでちょっとでも好きなこと、興味のあること、やってみようかなと思うことは、

・向き合う時間の総量
・向き合う頻度
・向き合う熱量

を少しずつでも確保し、高め続けることが、そのトピックと「友人」になれる秘訣です。

お金と仲良くなりたいのなら、お金について考えたり勉強したりする時間を持つ!

って感じでね。


参考になりましたでしょうか?
ではまた。


スポンサーリンク

スポンサーリンク


★オススメ記事
これさえ読めば人生勝ったも同然!100回繰り返して読むに足る「至高本」
【決定版】手順通りに書くだけで達成率が大幅アップする目標の立て方
自己啓発アンチたちへ

☆人気記事
最強自重トレーニング・BIG6「囚人コンディショニング」
大塚国際美術館に行ってきた
中村天風「クンバハカ」のコツ

「仕事がつまらない」
「どこかにいい男(女)いないかな?」
「好きなことややりたいことがよく分からない」
「人生つまらない」

こういった、よく聞く悩みには共通の原因があるなと思っていて、それが最近ようやく言語化できてきました。

スポンサーリンク

パッケージ化と最適化

結論から言ってしまえば、上記の悩みの根本原因は「受け身で生きてるから」です。
「いい会社」
「素敵なパートナー」
「ライフワーク」
「素敵な人生」
全て「外」に求めていて、それをただ待っているだけ。

言うなれば、既製されたパッケージを求めているということです。
ただ、それは「誰かによって作られたもの」であるので、
自分のためだけに作ってくれたわけではないのです。
だから、100パーセント完全にしっくりくることなどはありえない。

完全にしっくりくるようにするには「最適化」という作業を行う必要があるのです。

ノウハウ本が役に立たない理由

仕事であれ人間関係であれ、やたらとノウハウ本を読み歩いては
「つまらない」
「役に立たない」
とブーたれている人がいます。まぁかつての私なのだけど。。。

でも、それはその著者によって作られたパッケージなので、あなたのためだけに書いたわけではないのだから、多かれ少なかれ自分に合わない部分は絶対出てくる。

そもそも、その著者の教えというのは、

・著者の持っている才能や能力
・著者の置かれている環境や状況
・著者がやっている仕事や活動

に最適化された教え
なのです。


つ・ま・り、
著者とは違う才能や能力を持つあなたが、
著者とは置かれている環境や状況が異なるあなたが、
何よりやっている仕事や活動が別なあなたに、
100パーセントしっくりくるわけねーだろ!!

ってわけ。

既製のパッケージを最適化し、自分のモノにする秘訣

武道などの「道」がつく体系には「守破離」という教えがあります。

「守」とは、教えを素直に守って実践すること。
「破」とは、教えに新たな要素を付け加えたり、逆に削ったりしていくこと。
「離」とは、「守」「破」を経て、自分独自の「道」へと昇華していくこと。

で、「パッケージの最適化」とはズバリこの「守破離」を実践することですね。

まずは「うまくいっている人」「先生」の教えを素直に実践し、愚直に継続する「守」のプロセスを経ます。
んで、ある程度モノになった・手応えが感じられるようになったら、
少しずつ「破」っていってみましょう。

・新しい要素や教えを試してみる
・教えの中の「これいらねーんじゃね?」って部分を削っていく

というように、失敗を恐れずに「実験」するような気持ちでやってみましょう。
失敗したら否応無しに考えるはずですし、ビジネス的に言えばPDCAサイクルを回すことになるので、
どんどん実験し、失敗(フィードバック)から学んでいきましょう。

そうするとやがて100パーセントしっくりくる「自分流」が見えてくるので、
あとはその道をガンガン突き進んでいくのです。

与沢翼さんのような「金持ち」「有名人」に憧れなくなった

話はちょっと飛ぶのですが、私も25歳くらいまでは、与沢翼さんや、ライブドアの頃のホリエモンのような、
「成功者」「金持ち」
に憧れていました。

・世界を狙う、でかいビジネス
・たくさんの従業員を率いる
・世界中を飛び回って八面六臂の活躍をする
・豪邸やタワマン、別荘を所有
・フェラーリやベンツ、ロールスロイスなどの高級車をキャッシュで一括購入し、複数所有
・モデルや女子アナなどの美女と付き合い放題、ヤり放題

という感じのね。
でも、だんだん違和感を憶えるようにもなって、
「この違和感は一体なんなんだろう?嫉妬とは違うしなぁ。。。」
とぐるぐる考えていたのですが、これが最近ようやく言語化できました。

上記のイメージはまさに、世間で用意されている
「金持ち」「成功者」「有名人」というパッケージ・記号・役割
に他ならず、
自分らしさというか、「自分なりの余地や工夫」がないことに違和感を感じていたのだと、
気づいだのです。

人や世間によって用意されたパッケージに無理やり自分を当てはめるのではなく、自分なりの「道」を生きている人こそかっこいいなと思うし、憧れるし、目指している。
そんな私だから、与沢翼さん的な、パッケージ的金持ちにはもう憧れがなくなっちゃいましたね。


というわけで、自分なりの道を進んでいきましょう。
そこにこそ自分らしさや幸せ、才能が眠っているのですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


★オススメ記事
これさえ読めば人生勝ったも同然!100回繰り返して読むに足る「至高本」
【決定版】手順通りに書くだけで達成率が大幅アップする目標の立て方
自己啓発アンチたちへ

☆人気記事
最強自重トレーニング・BIG6「囚人コンディショニング」
大塚国際美術館に行ってきた
中村天風「クンバハカ」のコツ

2014-04-13-01-35-34


「何のために生まれてきたのだろう?」

「人生の意味って何だろう?」

って考える時って 、大体ネガティブな時や、人生が上手くいっていない時ですよね。

スポンサーリンク

何かを楽しんでいる時や夢中になっている時には「人生の意味」なんて考えたりしない

人は、仕事が充実していたり、恋愛を楽しんでいたり、何かに夢中になっている時には、「人生の意味」なんて哲学的な問いはしません。

例えばディズニー大好きな女子大生たちがディズニーランドへ行けば

 「ミッキー!ミッキー!!」
 「超楽しかったよね!また来よう☆」
 「アタシら、ズッ友(ずっと友達)だよ♡」

なんてハシャギながら盛り上がっているものであって、
そんな中で「私の人生の意味とは一体??」なんて考えている人は、心が病んでいる人以外は、まぁいません。

何が言いたいかって、こういう問いは要するに
「今、満たされてない」
「今、何かがうまくいっていない」
時に頭の中で起こる病みたいなものだということです。


デンマークの哲学者・キルケゴールも言うではありませんか。
「人生とは、解決すべき問題ではなく、経験すべき現実である」
と。


人は皆、何かに酔っ払ってないとやってられない

「進撃の巨人」にて、ケニー・アッカーマンというキャラクターが出てきます。

どんな巨人もバッタバッタとなぎ倒す最強キャラにして人気ナンバー1キャラ・リヴァイ兵長の幼い頃の育ての親なのですが、彼の台詞で

「俺が…見てきた奴ら…みんなそうだった…」
「酒だったり…女だったり…神様だったりもする…」
「子供…力…一族…王様…夢…
みんな何かに酔っ払ってねぇとやってらんなかったんだな…
「みんな…何かの奴隷だった…」

というものがあります。

この「酔っ払う対象」があって、それに酔っ払っている時は「生きる意味」などというものは考えずにいられるというわけ。

「酔っ払う」=思考停止

大学を卒業し、新卒からずっと同じ会社で働いている人は、その会社に「酔っ払って」います。
スポーツが好きな人は、スポーツに「酔っ払って」ます。
特定のチームや選手を応援している人は、その人に「酔っ払って」ます。
偉い誰かを尊敬・崇拝している人は、その方に「酔っ払って」ます。
アイドルのファンは、アイドルに「酔っ払って」ます。
特定の政党を支持する人は、その政党に「酔っ払って」ます。
特定の宗教を信仰する信者は、その宗教に「酔っ払って」ます。
恋人に夢中な人は、恋人に「酔っ払って」ます。
子供を溺愛する親は、子供に「酔っ払って」ます。
夢を追いかける人は、夢に「酔っ払って」ます。

何かに夢中になっている時って、それ以外のものが目に入らないものだし、思考が停止してしまいがち。
あるいは、考えようにもフィルターがかかって、なかなかニュートラルには考えられません。

スポーツ嫌いな私が、野球という競技の素晴らしさについてニュートラルに考えられないようにね。
あるいは、中国嫌いな人が、中国という国について冷静かつ客観的に見ることができずに「だからこの国はダメなんだ!」と捻じ曲げて解釈するように。

あらゆる「酔い」が覚めた時が「悟り」の瞬間

つまりは、酔っている最中の人って、その対象に酔っ払ってない人が客観的に見れば「異常」だったりするんですよね。

明らかなブラック企業で、パワハラなども横行しまくっているのに、その会社しか知らないので
「社会人とはこういうものだ」
「会社とはこういうものだ」
「これが常識なんだ」
と思い込んでいる人がいたとして、

その業界の外の人や、転職経験者からすれば、
「いやいや、おかしいっしょ」
ってなるものでしょ?

「業界の常識は世間の非常識」ってやつです。

しかし、「おかしいっしょ」と指摘している人もまた、夢とか恋人とか子供とか、何かに酔っ払っているものです。

多分、そういういろいろな「酔い」から覚めて、世界や物事のあるがままを見て受け入れられる状態が「悟り」なのだろうなと私は思う。


強さと、勇気と、ほんの少しの賢さがあれば酔っ払わなくても幸せに生きていける

でも、ケニーが言うように「何かに酔っ払ってないと」人はやってられないところがあるものですよね。
ずっと思考を働かせているのって面倒くさくてしんどいから、手っ取り早く思考停止したいものだし、
見たくない現実だって山のようにあるから、見て見ぬ振りして現実逃避できるように「酔っ払う対象」が必要になるわけでしてね。

でも、人生のある時に、その「酔い」が覚めた時に、崩れそうになる自分を保っていられる強さと、
自分に向き合って自分を知る勇気、
「今何に酔っ払っているのか」を把握できる程度の賢さが最低限、必要なのではないかと思う。

そしてどうせ酔っ払うのなら、
酔いが醒めた時に「ああちくしょー…やっちまった…」と後悔するような「酒」ではなく、
「まぁいっか。美味しかったし、良かった」と思える「酒」を選びたいものです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク


★オススメ記事
これさえ読めば人生勝ったも同然!100回繰り返して読むに足る「至高本」
【決定版】手順通りに書くだけで達成率が大幅アップする目標の立て方
自己啓発アンチたちへ

☆人気記事
最強自重トレーニング・BIG6「囚人コンディショニング」
大塚国際美術館に行ってきた
中村天風「クンバハカ」のコツ

IMG_0120


去年は「ミニマリスト」という言葉が流行りまくってたわけですが、
私自身、昔からミニマリスト的なところがあって、
モノは極力持ちたくない&置きたくない人なのです。

そんな私が
「みんな!当たり前のように持ってるけど、それ本当に要るか?(いや、要らねぇ〜だろ!)」
と提言したい家電やパソコンの周辺機器をざっとご紹介。

スポンサーリンク


テレビを捨てるだけで自由時間も部屋のスペースも大幅に増えるよ!!

家族がテレビ大好きだったこともあって、私も10代の半ばまではテレビっ子でした。
だけど、大前研一さんをはじめ、色々なビジネス書の著者が
「テレビを捨てて、自由な時間を確保しよう」
と提案していることに影響(洗脳)されて、思い切って捨てて、もう10年くらい。

結果として、全く困ってませんね。
テレビって、あるとついつい電源を入れて、特に見たいわけでもない番組をダラダラ見続けて気づいたら何時間も経ってたりするけど、その「何時間」がまるまる自由な時間になるわけでしてね。

あと、テレビって、特に最近は大画面のものが安くなっていることもあって、
薄くなってもテレビ台やらレコーダーやらを含めると結構なスペースをとります。
逆に言えば、そのスペースが空になるだけでも一気にミニマリスト的な空間に近づくわけです。


プリンターって必要?そもそも普段、そんな印刷しねーだろ

パソコンを買うと、半ば思考停止したようにプリンターも一緒に買ってましたが、
冷静に考えると、普段そんなに印刷しないですよね。
名刺とか年賀状とかぐらいか?

でも、そんな突発的なイベントだけのためにスペースを邪魔されるくらいなら
「いっそ捨てちまえ!!」
と思い立って、早3年。

結果として全然困ってませんね。
印刷するものがあったらUSBメモリを持参して近所のセブンイレブンに行けばいいだけ。
モノクロ印刷なら1枚10円だから大した出費でもないし、
プリンターなんて要らんかったんや!!


炊飯器でご飯を炊くより、土鍋でご飯炊くと美味くて感動するよ

これは割と最近の話。
▼こちらの土鍋を使っとるわけですが、

2000円ちょいだけどコストパフォーマンスは最高!

「土鍋でご飯を炊くと、マジで美味い」
とは聞いてましたが、マジでしたね。

もともと白米にさほどこだわりはなかったのですが、
香りもいいし、おこげもできるし、
もう毎食のご飯が楽しみです。

壊れたところで、また買えばいいだけだし、高い炊飯器を買ってる人が信じられません。


本棚は、あればあるほど本が際限なく増えてく

私は速読することもあって、全盛期は部屋中本で溢れていました。
だけど、当たり前ですが、ほとんどの本は二度と目を通すことのないものばかりなので、
スペースがマジで無駄。

時間管理の世界で「パーキンソンの法則」というものがあります。
本来であれば1日でできるようなタスクであっても、1週間を割り当てられたら、
1週間という時間をまるまる・ギリギリ使うように「なぜか」なってしまうというもので、
要は
「あればあるだけ使ってしまう法則」
ですね。

んでこれは時間に限らず、お金や、スペースにも言えることでね。
「これだけあれば大丈夫だろう」ってくらい本棚のスペースが大量に余ってても、
気づいたら埋まってんですよ。なぜか。

そうならないためには、スペースを限定しておく。
もっと言うなら、本棚や整理用品を買い足さない。

溢れたものはメカニカルに捨てるようにすれば、無駄な本はどんどん消えていきます。


常識を疑って自分の頭で考えれば、すっきりした人生を送れる

上で紹介したように、なんとなく「これは必要だろうな」と思ってる物って、冷静に考えれば要らなかったりする。

多分私達は、
マスコミに洗脳されたり、
企業のマーケティングに踊らされたり、
他人の足並みに合わせられたり、
・・・ってことをやっているうちに思考停止して、自分らしさを失っていくわけで。

断ること、捨てることは、誇りと自分らしさを取り戻せる良い機会です。
モノのファスティングというか、定期的に自分の生活を見直してみると人生のクオリティが上がると思うよ。


ではね。


「好きなこと」「やりたいこと」をあれこれ探して、
自分探しの旅の迷路に迷い込んでいる人も多いでしょう。

かくいう私もその一人でしたが、
割と最近、「あ、これが自分のライフワークだな」と発見できました。


「強くなる」を探求する求道者

BLEACHにせよ、NARUTOにせよ、ハンターハンターにせよ、「修行シーン」ってあるじゃないですか?
卍解の修行だったり、
螺旋丸の修行だったり、
ビスケ(ハンターハンターの主人公・ゴンの師匠)によるスパルタトレーニングだったり。

これらのシーンを「タルい」って思う人もいるかもしれないけど、私は修行シーンって昔から無性に大好きなんです。

人が強くなっていく過程や成長していくプロセスって、見ていてワクワクしませんか?
自分とキャラクターを重ね合わせて見ているのか、成長を見守る親心なのかはわかりませんが、
昔から大好物でしたね。


自分が、だけではなく人間全般、強くなる方法を探求

普通の人は「自分の場合」「自分が強くなるには」をまず考えて実践し、
それがある程度整理できてくると「人間一般」へと敷衍して整理して伝道する(本やブログに書いたり、セミナーや教室で教えたり)ことをやるもんだと思うのですが、
私は昔から、まず「人間一般」を考えてから、
それが整理できてようやく「自分の場合」と考え出す、
とても面倒臭い&鈍臭い人間でした。

でも、それって見方を変えれば強みかもしれません。
つまり、「伝える」「教える」ことに向いているということだから。

実際、小さい頃から勉強やそれ以外のことでも
「教えるの、上手いね!」
とよく褒められてましたし。


「上手な人」と「教えるのが上手い人」は全く別の素質

自分が強くなっていくのが上手い&早いプレイヤータイプって、教えるのは下手なもんでしょ?
プレイヤーとティーチャーでは求められる素質が全然違うし、
何より、そういうプレイヤータイプって、「できない人間」の立場に立てないから、
できない人の気持ちや、できない理由が全然理解できないもの。

例えば私は「超」がつくレベルで運動オンチだったので、
小中高の体育教師たち全員に対して
「教え下手」「つーかそもそも教えてねーよなぁ」
っていう不満をずーっと持ってましたね。

彼らはスポーツが好きだったり、人並み以上に出来る人間なので、
私のような「スポーツが苦手」「てか、嫌い」な人間のことが理解できてるとはとても思えませんでした。

今の世の中って、スポーツがやたら神聖なもののように扱われてません?
そんな風潮の中で、
「好きなスポーツ?つーか、スポーツ全部嫌いなんですけど?」
「W杯?オリンピック??知るかボケ、1秒たりとも観んわ!!」
なんて言おうもんなら、白い目で見られるわけですが、
前述の体育教師たちはまさにそんな目で私を見ていたように思います。

「苦手なら、できるようになるまでもっと頑張れ!」
「スポーツってめっちゃ楽しいのに、なんでやる気がないんだコイツは?」
とでも言わんばかりにね。

他のトピックであれば
「ひとそれぞれ好き嫌いや得手不得手があるよね」
の一言で済むはずなのに、なぜかスポーツでは通じない、不思議な話です。

長くなるので私のスポーツ批判はここらで止めますが、言いたいことは山ほどあるので近々別記事にまとめて毒吐きまくりますね。

「好きなこと」や「やりたいこと」、ライフワークは探して見つかるものではない

と、つくづく思いました。

自分が何気なくやっていること、昔の自分、などを冷静に見つめなおせば、
外国への旅や、新しい趣味、転職など、
わざわざ「外」に行ってあれこれとしなくても見つかる。
というか気付くものだと思う。

そう。
見つけるものではなく、気付くものなんですよ。

それが分からないから、空回りして苦しいんじゃないかな?
「やりたいことがない」「自分が何者かよく分からない」
って悩んでる人は。


「強くなる方法」を伝えていくので、一緒に強くなっていこうぜ

別に私は成功者でもないですし、何かものすごい記録や実績を持っているわけでもないです。
「強くなる方法」を探求し、実践し、人に伝えるのが好きってだけ。

なので
「この私が、ありがたくも貴様らに教えてしんぜよう!」
というスタイルではなくて、

「こういう方法がありますよ。私と一緒に強くなっていきましょう!」
ってスタイルで、ブログをやっていこうと思った次第。

だから読書についても語るし、筋トレについても語る。
瞑想とか呼吸法とかも語るのは、
究極において
「強くなるため」。


求道マニアの私と、その道を一緒に歩んでいきましょうよ。


↑このページのトップヘ