聖なる強化書

グータラ求道ブロガー・聖ちゃんによる「強くなりたい」に応える求道ブログ。 自重の筋トレを極めんとしてるマイスターだけど、スポーツ全般見るのもやるのも大嫌いな「アンチスポーツの急先鋒」です。あぁ!東京オリンピック中止にならんかなぁ〜!!

カテゴリ:強化日記 > 強化メモ

サラリーマンが安定している、気楽な稼業なんていつの話ですか?って感じの世の中。
一つの収入源だけでは、会社が倒産したり、リストラされたり、
そこまでいかなくても左遷されたり、理不尽な命令をされたりしたときに、
自分で収入源を創り出す力さえあれば、堂々と気高く「さようなら」と言えます。


ヤフオクなのか、アフィリエイトなのか、ECサイト運営なのか、クラウドワーキングなのか、
ともかく「副業」の選択肢はとても多い世の中。

でも、片手間でお金を稼ぐとなると、それなりに考えたり努力したり時間をかけたりしなきゃいけないわけで、
ステップを示してみますね。


● まず目指すレベル:収入が毎月1万円

働きながらの片手間であってもこれをクリアできないのなら、素直に働いた方が良いです。
残業する、アルバイトする、今居る会社で出世を目指す方が、あなたにとっては費用対効果が高いということですから。


● 収入が毎月5万円

ちょっとした家賃を稼げるくらいの金額ですね。
家賃の心配をしなくて良くなると、手元にのこる金が多くなる貯金や遊びにかけられるお金が多くなるわけで。
実家暮らしの社会人が沢山貯金出来るようにね。
働きながらの片手間でこのレベルまでこれるのなら、もっとエネルギーをさけば次のレベルへ行くのはそう難しくないのです。
自転車の漕ぎはじめが一番しんどいように、まったくの0から数万円を稼ぐのが一番大変なのだから。


● 収入が毎月10~15万円

失業してもなんとか(一人で)食っていけるレベルです。
私の収入に対する考え方として、

・(一人で)食っていけるレベル
・(家族を)養っていけるレベル
・(他人を)援助できるレベル

があります。具体的な金額がいくらになるかは、家賃やローン、家族の人数などに左右されるので何ともいえないですが、
毎月の収入が10~15万円あれば、とりあえずは食っていけるでしょ?


● 収入が毎月20~30万円

家族をなんとか養っていけるレベルだと思います。
私の知り合いで、額面の月収30万円で、病気で働けない奥さんを養っている方も居ますし。

貯金したり、旅行などの贅沢をある程度したいのなら、パートでもいいから仕事をするといいでしょう。
自分で作り出した収入源からの収入がある程度ある状態なら、パートも余裕を持って取り組めます。
嫌な事があっても堂々とやめられるし、面接で失礼な態度をとられたりふざけた要求をされたりしても爽やかにNOと言えます。


● 収入が毎月100万円

副業一本でやっていっても良いレベルです。
先に述べた「他人に援助出来るレベル」でもあるでしょう。

ここまでくれば、もう本業にしてしまってもいいでしょう。
私も現在、このレベルを目指している最中ですし、独力で月収100万円を達成できたら、
「自分、結構すごいじゃん!」と思えますよね。



機能している収入源の数を増すこと、それが新時代の安定性です。
ゼロから独力で収入源を作り出せる力こそ、安定と自由の揺るぎない基盤。

とりあえず副業や起業を目指す方の参考になればと思い、まとめました。

ではでは。

私はこのブログを
「書きたいときに書きたいことを書く」場所として見ている。
ハッキリと本音を言ってしまえば、読者のことは(ほぼ)考えていない。
私が読みたいなと思う文章を書き、後で自分が読むという、知的マスターベーションをやっているんだ。


そして今日は、まさにそういう「自分のためのメモ」的な文章。

私は目標リストを「心」「愛」「富」「体」の4つの分野に分けて整理しているんだけどね。

・心=精神的な目標。「なりたい」系の目標や自己実現系。

・愛=人間関係の目標。付き合いたい人、付き合いたくない人、コミュ力の課題、家族、恋愛、コミュニティなど。

・富=お金やビジネス、投資、仕事の目標。

・体=美容や健康。


って感じで、どんな目標もざっくりとどれかには入るでしょ?
そして今日は、「富」に関する指標をまとめる。



◆ 貯蓄の基準

レベル1:半年間は今の生活ができるだけの貯蓄がある。
⇒年収500万円稼いでいるなら250万円。

レベル2 :「年収×年齢÷10」の純資産がある。
⇒年収500万円で、現在35歳なら、1750万円。つまり3.5年分。

レベル3:3000万円の純資産を持つ。
⇒この水準に至るまでは、とにかく自分の「稼ぐ力」をトコトン磨き、鍛え、研ぎ澄ませることに集中する。
なお、年収が高い人はレベル2とレベル3が逆転することがあるが、その場合はより厳しい基準を選択。

レベル4:1億円の純資産を持つ。
⇒理想を言えば、この段階までは株や不動産などの投資にあまり興味を持たず、自分のビジネスを成長させることにフォーカスしたほうがいい。



◆ 運用の基準

レベル1「経済的自立」:不労所得>総支出
お金のために働き、あくせくする「ラットレース」を抜け出る段階。お金がお金を稼ぎ出す不労所得だけで今の生活ができる。

レベル2 「経済的自由」:不労所得で、したい生活ができる。
住みたい街の、住みたい家で、子供が通いたい学校へ通わせ、着たい服を着て、食べたいものを食べて、したい習い事をして
・・・という生活が不労所得で賄える。

レベル3「経済的成功」
好きな時に、好きなことを、好きな人と、好きな所で、好きな方法で、好きなだけできる自由。




さて、私は貯蓄レベル1にも満たない現状。
徐々にステップアップしていき、経済的自由、経済的成功へと至ります!


ではね。

聖ちゃんもお世話になってる&勉強になっている石井先生。


石井裕之先生のブログで、「本当その通りだよね~」
って思ったことをちょっと記事にしてみる。



リンク先のブログ記事を要約すると

●若い女の子が、友達に
「20代のうちには○○して」
「30代のときには△△という目標を持ち」
「40代のまでには□□を成し遂げて」
「50代には☆☆な人生を送る」

●という話を、「どこかの本で読んだ受け売りで」、熱く語っていた

●その話を隣で聴いていた石井先生が
「どう生きるかなんて、自分の人生だろうよ。本や他人に言われたとおりに生きて何になる?」
と、辟易した



って感じです。
(文章は聖ちゃんオリジナルなので、詳しい内容に興味がある人はリンク先で文章読んでね。)



これは聖ちゃん自身、本当にそう思っていて、
というかかつての自分も「石井先生に辟易された若い女の子」のようなところもあって、
それを思い返してもバカバカしく思っていて。

何でかっていうと、
「本に書いてあったとおりにやって」、うまく行かなかった&人生が破綻したとしても、
「本を書いた人」は責任を持たないからね。

当たり前ですよね。
書いてあることに感動する・刺激を受ける・学びを得るのは自由だけど、
そこから先は本人の人生ですからね。


自分の人生であるにも拘わらず、
誰かの言ったとおりに生きる。



たとえうまく行ったとしても、バカバカしい生き方じゃないの?

ということだよね。
石井先生もそれを言っていると思うし。



* * *


誰の、何の本かは言いませんが、
聖ちゃんは

「20代のうちに○○をやれ!」
「35歳までに~~をなしとげよう!!」
系のお話がメチャ嫌い
なんですね。






大きなお世話だっつーの。




って感じだし、前述したように著者は一切責任を持たないし。
誰かにとっての「理想の生き方」が、必ずしも自分にとっての理想の生き方でもあるとは限らないしね。

好きに生きりゃいいんです。
結局誰も責任を取らない、自分が責任を取るんだしさ。


年収300万円で満足している男性に向かって、
「年収300万円じゃ、結婚なんて出来ない」
「だからもっと年収アップを目指すべき!」

とお説教したところで何になる?
本人がそれでいいなら、いいじゃんよ。
それともアンタが人生の全てに責任持ってくれるわけ??


・・・という感想を、持ってしまうんですよね。

自分で考えて、自分で判断して、自分で決めて、自分で行動して、自分で責任を持つ
のが、自立した大人なんだから、
現状が他人から見てどうでも、
本人が満足してるのなら放っておけばいい。



そんだけ。




というわけでまとめると、



●好きに生きましょう。もちろん、犯罪などで他人の人生や自由をおかさないのが前提です。

●他人の人生に口出しするのはやめましょう。責任とれない&とらないでしょ?





ではまた!

もし、
「オシャレになりたいので、アドバイスお願いします!」
と訊かれたら、なんて答えるだろう?



と、妄想を拡げてみた聖ちゃんですが、
みなさんどう答えます??


ちなみに聖ちゃんは、自分の事は全然オシャレだと思ってないし、
それどころか、服とかにはかなり無頓着な方なので、
仮にこんな質問をしてくる人がいたとしたなら

「そもそも私にそんな質問をするのがお門違いじゃ!!」

と心の中で激しく突っ込むと思うんだけどね。





まぁ妄想ゲームです。
どう答えるだろう??
と考えたんだけどさ。


たいていの場合、
「オシャレになろう!」
って思ったら、「服」に金と力を入れません??



でも、違うと思うんよね。
下の画像をご覧下さい。 ↓ ↓

20f3992e

(※男性の例で恐縮ですが、あくまで例です。)



ネットで拾ってきた画像なんですけど、
服に金をかけている67万円さんと、
服にお金を大して使っていない7000円さん。

どっちがオシャレ?


後者ですよね。
まぁモデルがイケメンなのもありますが。




この画像を見ても、
「まず服に金と意識を向けるのは違う!」
と思うんよね。



私のオシャレやファッションの考え方は
武田久美子さんからもの凄く影響を受けていて、


彼女は
「オシャレは末端に力を入れるべき」
と言っているのね。

「末端」とは
・髪型
・メイク
・肌
・爪
・時計
・靴
・ニオイ
などね。

ここがバッチリなら、
「中央(=服)」は小綺麗にしておけば、安いモノでも全然キマる、と仰ってます。


画像の7000円男と、67万円男の違いはそこよね。
7000円さんは、服は確かに安い。
けど、「末端」がバッチリなのよね。

一方、67万円さんは、「末端」がお粗末なばかりに、
「中央」の良さを活かせない。
…と、思う。


ここまで来れば、
私の、「オシャレになりたい!」人へのアドバイスはもう明確だ。








「美容室に行け!!」








はい、終わり。




服云々の前に、「末端」が全体の印象の8割くらいを決める。
「末端」の中でも、
いちばん手を入れやすくて、いちばん印象が変わるのは、
「髪型」

だと思う。

長さを変えてみたり、
ボリュームを落としたり、
エクステをつけてみたり、
パーマをあてたり、
色を変えてみたり
するだけで、全然印象って変わるよね。



だから、

●オシャレになりたいんなら
⇒「美容室に行く」

●オシャレでありたいのなら
⇒「美容室に通う頻度を高める」



3ヶ月に1回しか行かないのであれば、1ヶ月~1ヶ月半に1回は行くようにする。
ケアをする頻度を高めるわけだから、
「雰囲気」や「清潔感」も自ずと改善されるでしょ。

「雰囲気」とか「清潔感」って、好感度を問うアンケートやランキングでよく出てくる単語でしょ。
それを改善するのは、服よりも「末端」ってわけね。
服屋さんより先に、美容室へ行きましょ。



更に言えば、
「美容師の友達を持つ」
ようにすれば、オシャレライフは完璧でしょ。
もちろん聖ちゃんにはそんなオシャレフレンドはございませんけどね!!






なんか美容室の回し者みたいな文章だなぁ~。。
ま、いいか。

そんじゃね。

ストーリーメイキングをする者にとって、
読まずに済ませることは絶対に避けられない
人類史上最高のストーリーは以下だと考える


◎聖書(旧約・新訳)
◎ギリシャ神話
◎シェイクスピア(特に4大戯曲)
◎ファウスト(ゲーテ)
◎神曲(ダンテ)
◎失楽園(ミルトン)


これらは、物語の創造に於いて妥協したくない者にとっては、
決して避けられない
巨大な存在といえよう。


何故って、
これらの作品が、あらゆる作品の基底音となっていると思うからだ。

 *

ところで
日本文学は?と云われたら、
私は沈黙せざるを得ない。
私事で恐縮だが、
日本人でありながら、
私はあまり日本の文化が好きではない。

というよりも、
比較するとヨーロッパの文化の方が
私にとって極めて惹かれるものがあるのだ。
だからついついヨーロッパ贔屓になってしまう。
ので、今回日本文学の最高峰の紹介は、無し。
(ってか、出来ない)

↑このページのトップヘ