聖なる強化書

グータラ求道ブロガー・聖ちゃんによる「強くなりたい」に応える求道ブログ。 自重トレのマイスターにして「アンチスポーツの急先鋒」です。目指せ!東京オリンピック中止!!

カテゴリ:強化日記 > 強化メモ

私はこのブログを
「書きたいときに書きたいことを書く」場所として見ている。
ハッキリと本音を言ってしまえば、読者のことは(ほぼ)考えていない。
私が読みたいなと思う文章を書き、後で自分が読むという、知的マスターベーションをやっているんだ。


そして今日は、まさにそういう「自分のためのメモ」的な文章。

私は目標リストを「心」「愛」「富」「体」の4つの分野に分けて整理しているんだけどね。

・心=精神的な目標。「なりたい」系の目標や自己実現系。

・愛=人間関係の目標。付き合いたい人、付き合いたくない人、コミュ力の課題、家族、恋愛、コミュニティなど。

・富=お金やビジネス、投資、仕事の目標。

・体=美容や健康。


って感じで、どんな目標もざっくりとどれかには入るでしょ?
そして今日は、「富」に関する指標をまとめる。



◆ 貯蓄の基準

レベル1:半年間は今の生活ができるだけの貯蓄がある。
⇒年収500万円稼いでいるなら250万円。

レベル2 :「年収×年齢÷10」の純資産がある。
⇒年収500万円で、現在35歳なら、1750万円。つまり3.5年分。

レベル3:3000万円の純資産を持つ。
⇒この水準に至るまでは、とにかく自分の「稼ぐ力」をトコトン磨き、鍛え、研ぎ澄ませることに集中する。
なお、年収が高い人はレベル2とレベル3が逆転することがあるが、その場合はより厳しい基準を選択。

レベル4:1億円の純資産を持つ。
⇒理想を言えば、この段階までは株や不動産などの投資にあまり興味を持たず、自分のビジネスを成長させることにフォーカスしたほうがいい。



◆ 運用の基準

レベル1「経済的自立」:不労所得>総支出
お金のために働き、あくせくする「ラットレース」を抜け出る段階。お金がお金を稼ぎ出す不労所得だけで今の生活ができる。

レベル2 「経済的自由」:不労所得で、したい生活ができる。
住みたい街の、住みたい家で、子供が通いたい学校へ通わせ、着たい服を着て、食べたいものを食べて、したい習い事をして
・・・という生活が不労所得で賄える。

レベル3「経済的成功」
好きな時に、好きなことを、好きな人と、好きな所で、好きな方法で、好きなだけできる自由。




さて、私は貯蓄レベル1にも満たない現状。
徐々にステップアップしていき、経済的自由、経済的成功へと至ります!


ではね。

聖ちゃんもお世話になってる&勉強になっている石井先生。


石井裕之先生のブログで、「本当その通りだよね~」
って思ったことをちょっと記事にしてみる。



リンク先のブログ記事を要約すると

●若い女の子が、友達に
「20代のうちには○○して」
「30代のときには△△という目標を持ち」
「40代のまでには□□を成し遂げて」
「50代には☆☆な人生を送る」

●という話を、「どこかの本で読んだ受け売りで」、熱く語っていた

●その話を隣で聴いていた石井先生が
「どう生きるかなんて、自分の人生だろうよ。本や他人に言われたとおりに生きて何になる?」
と、辟易した



って感じです。
(文章は聖ちゃんオリジナルなので、詳しい内容に興味がある人はリンク先で文章読んでね。)



これは聖ちゃん自身、本当にそう思っていて、
というかかつての自分も「石井先生に辟易された若い女の子」のようなところもあって、
それを思い返してもバカバカしく思っていて。

何でかっていうと、
「本に書いてあったとおりにやって」、うまく行かなかった&人生が破綻したとしても、
「本を書いた人」は責任を持たないからね。

当たり前ですよね。
書いてあることに感動する・刺激を受ける・学びを得るのは自由だけど、
そこから先は本人の人生ですからね。


自分の人生であるにも拘わらず、
誰かの言ったとおりに生きる。



たとえうまく行ったとしても、バカバカしい生き方じゃないの?

ということだよね。
石井先生もそれを言っていると思うし。



* * *


誰の、何の本かは言いませんが、
聖ちゃんは

「20代のうちに○○をやれ!」
「35歳までに~~をなしとげよう!!」
系のお話がメチャ嫌い
なんですね。






大きなお世話だっつーの。




って感じだし、前述したように著者は一切責任を持たないし。
誰かにとっての「理想の生き方」が、必ずしも自分にとっての理想の生き方でもあるとは限らないしね。

好きに生きりゃいいんです。
結局誰も責任を取らない、自分が責任を取るんだしさ。


年収300万円で満足している男性に向かって、
「年収300万円じゃ、結婚なんて出来ない」
「だからもっと年収アップを目指すべき!」

とお説教したところで何になる?
本人がそれでいいなら、いいじゃんよ。
それともアンタが人生の全てに責任持ってくれるわけ??


・・・という感想を、持ってしまうんですよね。

自分で考えて、自分で判断して、自分で決めて、自分で行動して、自分で責任を持つ
のが、自立した大人なんだから、
現状が他人から見てどうでも、
本人が満足してるのなら放っておけばいい。



そんだけ。




というわけでまとめると、



●好きに生きましょう。もちろん、犯罪などで他人の人生や自由をおかさないのが前提です。

●他人の人生に口出しするのはやめましょう。責任とれない&とらないでしょ?





ではまた!

↑このページのトップヘ